なかなか治らない借金癖について

借金をする理由には幾つかありますが、なかなか治らない癖として捉えられることが多いです。一番、借金をする理由として多いのは、パチンコや競馬、競艇などの一獲千金のギャンブルにのめり込むことが挙げられます。

ギャンブルは一度、儲かったりするとまた行こうとする常習性があり、しかも負け出すとそれを取り返すためにまたお金をつぎ込もうとするケースがあります。そのため、お金を借りてまでギャンブルにのめり込んでしまうと借金がなかなか治らないこととなります。

次に多い理由としては、高価な買い物などの浪費癖があることです。当然、買い物をする上では現金などが必要となりますので、その現金を調達する上では借金をすることとなります。

また買い物をストレス発散法として認識されていることもあるため、買わずにいられないといった状況に陥ることがあります。よく主婦などに見られる症状です。

その他の理由として多いのは、生活する上での収入よりも支出の割合が多いことです。収入が少なく、生活が出来ないケースも存在するため、当然、生活のやりくりをする上では借金しては返すの繰り返しを行なうこととなります。

このように治らない癖がある人は借りる宛てを敢えて無くしたり、他の人に家計などを預けてやりくりを任すといった手段もあります。